page top

松本短期大学 HOME

マツタンNEWS!

大学案内

学科紹介

入学ガイド

キャンパスライフ

進路情報

よくある質問

在校生の方へ

卒業生の方へ

保護者の方へ

高校の先生方へ

幼稚園・保育園.福祉施設・医療機関の方へ

交通アクセス

資料請求・お問い合わせ

プライバシーポリシー

サイトマップ

松本短大幼稚園

松本短期大学同窓会

理事長・学長・組織◆ 理事長・学長・組織

HOME > 大学案内 > 理事長・学長・組織

理事長からのメッセージ

松本学園理事長 銭坂久紀

松本短期大学は、人々の健康と福祉及び教育における学術の教育研究の府として、信州の教育風土に培われた、教育への良心と識見を持って、人と交わり、人を育て、人に誠意を尽くす人間性の涵養と、自立した専門職業人の育成を行い、ひいては地域の人々に貢献することを、建学の精神として創立されました。

本学は昭和46年に松本保育専門学校として発足し、翌昭和47年に松本短期大学として認可を受け、幼児教育学科として、幼児教育に携わる人材を育成して参りました。平成16年より幼児保育学科に改称。ついで高齢化社会に対応すべく、平成五年には介護福祉学科を開設し、平成18年には看護学科を開設して、地域社会の保健医療福祉と教育に関する、多様なニーズにこたえることの出来る、保育士及び幼稚園教諭、介護福祉士、看護師などの専門的な職業人を育成する教育を行っています。

さらに専門的な職業人育成の為の教育に関わる研究を通じて、地域社会の保健医療福祉と教育の発展に、寄与したいと願っています。

幼児保育に携わるにせよ、高齢者の方々の介護にあたるにしても、また病める人々の看護をするにしても、和顔愛語を旨として人を愛し、人に喜びを与えることの出来る人間に育って欲しいと念じています。

松本学園理事長 銭坂久紀

学長からのメッセージ

松本短期大学学長 木内義勝

松本短期大学を卒業する人が相手にするのは、「人間」です。幼児からお年寄りまですべてのライフステージにわたる人間です。保育園・幼稚園の子どもたち、障害を抱えて介護が必要な人、そして、病を得て看護に委ねられる方々が対象になります。

幼児保育、介護福祉、看護の3分野のどのコースを選んでも、心と体の全体を使った「全的コミュニケーション」が求められる職場で働くことになります。そのためには、在学中に、あらゆる機会を活用して、どんなタイプの人とも話ができる能力を養ってください。

文明の進展は、人間と人間のあいだにテレビやスマホなどの媒介物を豊富にもたらしました。しかし、結果として、人間どうしの「直接的なつながり」を希薄化する傾向を生んでしまいました。自然史の長い期間にわたってせっかく獲得してきた「眼耳鼻舌身意」の感覚器官を、衰えさせてしまっているのです。

松本短期大学が目指す理想像は、「教育と介護と看護の達人」である“ケア・スペシャリスト”です。「やさしく相手を思いやり、専門知識を身につけて適切な対応のできる専門家」です。

そのような専門家を目指して、在学中は、先生の教えを受けることに加え、自分からも積極的に動き、「たくましく、やさしい」人間になるよう努めていただきたいと思います。そのように努めることは、就職に役立つことをこえて、長い人生の「たから」となるにちがいないと確信しております。

松本短期大学学長 木内義勝

組織

松本短期大学の事務局は「総務部」「教務部」「学生部」から成り立っています。

組織図

総務部

学校の財務・経理・会計などに関する事項や給与や健康保険などといった短大の教職員に関する事項を担当しています。また、各種会議や行事・式典関係、福利厚生などに関する事項も担当です。その他にどの部署にも属さない業務も担当しています。

教務部

授業時間割の調整や証明書発行、試験・成績管理など学生の修学に関する事項全般を担当しています。学生の皆さんと接する機会が非常に多い部署です。松本短期大学では各学科に専任の担当職員がおり、履修登録や実習に関する手続きなどにも相談にのっています。

学生部

学生生活全般に関わる事項が担当となります。就職・進学支援や奨学金の相談窓口業務のほか、留学生への支援や保健衛生に関することなどをこちらで対応しています。学生部では、学生の皆さんひとりひとりが充実した学生生活を送れるようサポートしています。

  • 教育訓練講座
  • 資料請求
  • 喀痰吸引等研修
  • 介護福祉士実務者研修講座
  • スマートフォンサイトOPEN
  • 松本短期大学図書館
  • 情報公開
  • イベント・公開講座
  • 社会貢献・研究活動
  • 松本短大幼稚園
  • 地域貢献活動 ちくほくプラス