outline

※記載する内容は予定であり、変更される場合があります。

きっかけ・導入(養成する人材像)

人々が健康に生きることを支援し、あわせて地域社会における保健医療福祉の連携と発展に貢献していくため、本学の養成する人材像を次のように定めます。

生命の尊厳に基づく倫理観と幅広く深い教養を有し、生涯を通じて知識・技術を学び続け、地域の保健医療福祉に対する理解と看護に必要かつ十分な知識と素養を有し、多職種と連携・協働し、地域の保健医療福祉の向上に貢献できる看護実践能力をもった看護職者

理念・目的

教育基本法ならびに学校教育法に基づき、医療保健福祉において、深く専門の学芸を研究教授し、豊かな教養と専門学術および職業に必要な能力を修得させ、学生が自らの人格を培うことを援助する。更に、地域社会における医療保健福祉の向上に貢献する人材を育成するとともに看護学の発展に寄与することを目的とする。

松本看護大学では、看護学部の理念や目的を定め、養成する人材像・学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)を具体化し、カリキュラムの編成につなげていきます。

看護学部 理念・目的

豊かな人間性を備え、生命の尊厳と人権の尊重を基礎とした看護実践能力を有した人材を育成し、地域社会における保健医療福祉の向上及び看護の発展に貢献できる看護職者を養成することを目的とする。

看護学部 養成する人材像

生命の尊厳に基づく倫理観と幅広く深い教養を有し、生涯を通じて知識・技術を学び続け、地域の保健医療福祉に対する理解と看護に必要かつ十分な知識と素養を有し、多職種と連携・協働し、地域の保健医療福祉の向上に貢献できる看護実践能力をもった看護職者を養成する。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. 多様な人々との関係を成立・発展できる能力
    ・人間性豊かな生命の尊厳に基づく倫理観を有し、多様な人々との関係を成立・発展させるためのコミュニケーション能力を有する
  2. 主体的行動力
    ・自立した社会人として主体的かつ意欲的に行動することができる
  3. 地域貢献力と多職種連携能力
    ・在宅看護学、救急・災害看護学、公衆衛生看護学の選択分野を学修し、保健医療福祉の関連分野の人々と連携・協働し、地域保健医療の充実と発展に貢献できる基礎的な能力を身につけている。
  4. 課題発見能力と課題解決能力
    ・看護現場における課題を発見し、その解決のための方法を探究し、その成果を実践することができる
    ・看護の発展に寄与できる自己研鑽力と基礎的研究能力を有する
  5. 看護の知識と看護実践力
    ・地域の特性や対象となる人々を理解し、尊重し、多様な人々の看護に必要な知識を身につけ、科学的根拠に基づき安全な看護を実践する能力を有する
  6. 地域社会と多様な健康課題に対応できる力(保健師課程)
    ・科学的根拠と文化的感受性をもって地域社会の健康課題を把握・分析・診断する能力を有する
    ・集団や組織に対し支援・協働・施策化を通じ、人々の健康増進能力を高め、健康課題を解決するための基盤となる能力を有する

入学者の受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)

  1. 入学後の大学教育に必要な基礎学力を有している人
  2. 看護・保健・医療・福祉分野に広く関心のある人
  3. 人間の生命を大切に思い、誠実な態度で他者と関わることができる人
  4. 看護学を主体的・創造的に学ぶ意欲を有している人
  5. 人々と良い関係を持ち、自分の考えを的確に表現する力が備わっている人
  6. 主体的に考え行動できる人
  7. 大学で学んだ看護学を地域社会の為に生かそうという志のある人