page top

松本短期大学 HOME

マツタンNEWS!

大学案内

学科紹介

入学ガイド

キャンパスライフ

進路情報

よくある質問

在校生の方へ

卒業生の方へ

保護者の方へ

高校の先生方へ

幼稚園・保育園.福祉施設・医療機関の方へ

交通アクセス

資料請求・お問い合わせ

プライバシーポリシー

サイトマップ

松本短大幼稚園

松本短期大学同窓会

教育に関する情報◆ 教育に関する情報 - 看護学科 -

HOME > 学科紹介 > 看護学科 > 教育に関する情報

教育目標

看護学科では、本学の建学の精神、3学科の教育理念・教育目標より、以下の教育目標を掲げています。

  1. 体系化された実践科学としての看護学を修得し、実践応用の力を身につける。
  2. 豊かな人間性を持った社会性のある看護専門職者として基本的な能力を身につける。
  3. 看護専門職者としての意識・責任感・倫理観を身につける。
  4. 看護専門職者として、地域の特性を見極めた看護が提供できる能力を身につける。
  5. 国家試験に合格する看護の知識と技術水準を身につける。

アドミッション・ポリシー<AP>(入学生の受け入れ方針)

「生命・可能性・権利を保障し、その人らしい生活を支えるケアスペシャリスト」としての看護師を育成します。それに基づき次のような学生を求めます。

(1)社会の役に立つ、看護の仕事をしたい人
(2)人との関わりを大切にし、協調性をもって行動できる人
(3)自己成長のために努力をおしまない人
(4)何事にも主体的・意欲的に取り組める人
(5)感動できる心を持っている人

ディプロマ・ポリシー<DP>(学位授与の方針)

本学科に3年以上在学し、本学の「建学の精神」「教育理念」「教育目標」に基づいて設定した学科の授業科目を履修し、規定する必要単位を修得した学生は、次の到達目標に達した人材であると認定し、「短期大学士」の学位を授与いたします。

到達目標

看護学科では、教育目標を受ける形で、以下の「7つの到達目標」を定めています。

  1. 人のからだのしくみと健康を理解し、一人の人間を統合的に理解できる。
  2. 看護対象者の健康レベル、発達段階レベルを含め、多様な背景を考慮して、幅広い視野からヘルスニーズを把握できる。
  3. 看護学を科学としてとらえ、論理性をもって判断し創造する力を身につける。
  4. あらゆる健康レベルおよび発達段階にある看護対象者に応じた質の高い看護を実践するための基礎的能力を身につける。
  5. 人の生命や生きる営みを支えるために、人々への人間的関心を深め、豊かな人間性を築くことができる能力を身につける。
  6. 人々の価値の多様性を認め、人間の尊厳・権利を尊重し、自己を客観視できる。
  7. 地域社会における保健医療福祉の分野で看護が担うべき役割を認識し、ケアマネジメントできる能力を身につけ、多職種と協働できる基礎的能力がある。

建学の精神と到達目標の関係

  • 建学の精神

    • 人道主義:ひとと交わりひとを育てひとに誠意を尽くす人間性の涵養
    • 自己研鑽の精神:自立した専門職業人の育成
  • 教育理念

    1. 保育士および幼稚園教諭・介護福祉士・看護師として、「命・可能性・権利を保障し、その人らしい生活を支えるケアスペシャリスト」の育成
    2. 地域の保健医療福祉および教育に貢献できる人材の育成
  • 教育目標

    1. ケアスペシャリストとしての人間性と倫理観の育成
    2. ケアスペシャリストに必要な専門的知識・技術・思考能力の育成
    3. 保健医療福祉および教育の地域における多様化・個別化するニーズに応える実践能力の育成
    <ケアスペシャリストの育成の5本の柱>
    • ひとの命と健康を考える
    • ひとの可能性を考える
    • ひとの生活を考える
    • ひとの権利を考える
    • 学習の基礎力を培う
  • 看護学科 教育目標

    1. 体系化された実践科学としての看護学を修得し、実践応用の力を身につける。
    2. 豊かな人間性を持った社会性のある看護専門職者として基本的な能力を身につける。
    3. 看護専門職者としての意識・責任感・倫理観を身につける。
    4. 看護専門職者として、地域の特性を見極めた看護が提供できる能力を身につける。
    5. 国家試験に合格する看護の知識と技術水準を身につける。
  • 到達目標(DP)

    1. 人のからだのしくみと健康を理解し、一人の人間を統合的に理解できる。
    2. 看護対象者の健康レベル、発達段階レベルを含め、多様な背景を考慮して、幅広い視野からヘルスニーズを把握できる。
    3. 看護学を科学としてとらえ、論理性をもって判断し創造する力を身につける。
    4. あらゆる健康レベルおよび発達段階にある看護対象者に応じた質の高い看護を実践するための基礎的能力を身につける。
    5. 人の生命や生きる営みを支えるために、人々への人間的関心を深め、豊かな人間性を築くことができる能力を身につける。
    6. 人々の価値の多様性を認め、人間の尊厳・権利を尊重し、自己を客観視できる。
    7. 地域社会における保健医療福祉の分野で看護が担うべき役割を認識し、ケアマネジメントできる能力を身につけ、多職種と協働できる基礎的能力がある。

カリキュラム・ポリシー<CP>(教育課程編成・実施の方針)

教育目標およびディプロマ・ポリシーおよび看護師養成所指定規則に則り以下のカリキュラムを編成しています。

  1. ケアスペシャリストとしての人間性の育成のために、「ひとの命と健康を考える」、「ひとの可能性とつながりを考える」、「ひとの権利を考える」、「ひとの生活と環境を考える」、「学修の基礎能力を養う」に基づく看護関連科学の科目を配置する。
  2. 看護のケアスペシャリストとして、看護実践に必要な知識・技術を身につけるための看護専門科目を配置する。
  3. さらに、1.2.の科目を統合・発展し実践する分野として看護専門科目に統合分野を配置する。
  4. 地域の保健医療福祉および教育に貢献できる人材育成のために、3学科共通の地域志向科目を配置する。
  5. 看護師国家試験合格に向けた知識と活用力を強化する。

カリキュラムマップはこちら(PDF形式)

  • オープンキャンパス
  • 教育訓練講座
  • 資料請求
  • 喀痰吸引等研修
  • 介護福祉士実務者研修講座
  • スマートフォンサイトOPEN
  • 松本短期大学図書館
  • 情報公開
  • イベント・公開講座
  • 社会貢献・研究活動
  • 松本短大幼稚園
  • 地域貢献活動 ちくほくプラス